制限されたチューンアウェイの装置および方法

Abstract

ワイヤレスデバイスで複数のサブスクリプションと通信する装置および方法は、チューンアウェイモードの間第1のサブスクリプションのアクティブな呼からチューンアウェイして、第2のサブスクリプションを使用して通信することを含む。装置および方法はさらに、チューンアウェイモードの間第2のサブスクリプションを使用して第1のチューンアウェイ手順を実施することを含む。加えて、装置および方法は、第1のチューンアウェイ手順の実施の後で第2のサブスクリプションを使用して、チューンアウェイモードの間1つまたは複数の追加のチューンアウェイ手順が実施されるべきかどうかを判定することを含む。その上、装置および方法は、1つまたは複数の追加のチューンアウェイ手順の実施を制限するように決定することと、1つまたは複数の追加のチューンアウェイ手順の実施を制限する決定に基づいて、チューンアウェイモードを終了し、アクティブな呼に対する第1のサブスクリプションの使用にチューンバックすることとを含む。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (7)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2006512869-AApril 13, 2006エスケーテレコム カンパニー リミテッド1xEV−DOトラフィック状態中,1Xシステムに転換して更新するオーバーヘッドメッセージを限定し,呼接続の解除を防止するハイブリッド移動通信システム及び呼接続解除を防止する方法及びハイブリッド端末機
      JP-2006512872-AApril 13, 2006エスケーテレコム カンパニー リミテッド1xEV−DOシステムとのトラフィック状態において,1Xシステムに対する検索時間を制限して前記1xEV−DOシステムとハイブリッド端末機との間で生じる呼接続解除を防止する方法およびシステム
      JP-2007096923-AApril 12, 2007Kyocera Corp, 京セラ株式会社Radio communication method, radio communication system, radio communication terminal and base station
      JP-2008538663-AOctober 30, 2008クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporatedチューンアウェイ(tune−away)機能を用いて無線通信システムにアクセスする技術
      JP-2012527170-ANovember 01, 2012クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporatedワイヤレス通信システムにおいて無線インターフェースを切断および追加するためのシステムと方法
      US-2008056214-A1March 06, 2008Via Telecom Co., Ltd.Systems and methods for wireless access terminal command processing
      US-2011217969-A1September 08, 2011Qualcomm, IncorporatedDevices with multiple subscriptions that utilize a single baseband-radio frequency resource chain

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle