Fullerene derivative and method for producing the same

フラーレン誘導体およびその製造方法

Abstract

【課題】有機溶媒に対する溶解度が大きく、高い光電変換効率を実現できるフラーレン誘導体の提供。 【解決手段】下記一般式(I)の構造を1つ以上有する炭素数60以上のフラーレン誘導体。 (式中、R 1 、R 2 、R 3 はそれぞれ独立に、水素原子、ハロゲン原子、置換基を有していてもよいアルキル基、アルコキシ基、アリール基、1価の複素環基であり、R 1 、R 2 、R 3 のうちの少なくとも1つ以上が、炭素数4から30の置換基を有していてもよいアルキル基等を有するアルコキシカルボニル基の構造または水酸基を含む。) 【選択図】なし
【課題】有機溶媒に対する溶解度が大きく、高い光電変換効率を実現できるフラーレン誘導体の提供。【解決手段】下記一般式(I)の構造を1つ以上有する炭素数60以上のフラーレン誘導体。(式中、R1、R2、R3はそれぞれ独立に、水素原子、ハロゲン原子、置換基を有していてもよいアルキル基、アルコキシ基、アリール基、1価の複素環基であり、R1、R2、R3のうちの少なくとも1つ以上が、炭素数4から30の置換基を有していてもよいアルキル基等を有するアルコキシカルボニル基の構造または水酸基を含む。)【選択図】なし
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fullerene derivative which has high solubility in an organic solvent and is capable of achieving high photoelectric conversion efficiency.SOLUTION: The ≥60C fullerene derivative has one or more structures represented by general formula (I). (In the formula, R, R, and Reach independently represent a hydrogen atom, a halogen atom, an optionally substituted alkyl group, an optionally substituted alkoxy group, an optionally substituted aryl group, or an optionally substituted monovalent heterocyclic group, and at least one of R, R, and Rcontains either a structure of an alkoxycarbonyl group which has an optionally substituted 4-30C alkyl group or the like, or a hydroxyl group.)

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (7)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2006073856-AMarch 16, 2006Konica Minolta Medical & Graphic Inc, コニカミノルタエムジー株式会社Photoelectric conversion element and radiation image detector
    JP-2007235124-ASeptember 13, 2007Samsung Electronics Co Ltd, 三星電子株式会社Samsung Electronics Co.,Ltd.パターン形成方法及びこれを利用した表示装置の製造方法
    JP-2009542726-ADecember 03, 2009エーステライヒシェ アカデミー デア ヴィッセンシャフテンOesterreichische Akademie der Wissenschaften抗菌ペプチド
    JP-2010239104-AOctober 21, 2010Kyoto Univ, Sanyo Chem Ind Ltd, 三洋化成工業株式会社, 国立大学法人京都大学Photoelectric conversion device
    JP-2011204883-AOctober 13, 2011Lintec Corp, リンテック株式会社フラーレン誘導体、それを含む組成物及び有機光電変換素子
    WO-2008081845-A1July 10, 2008Frontier Carbon Corporation, Mitsubishi Chemical Corporationフラーレン誘導体を原料とするフラーレン膜およびフラーレン重合体ならびにそれらの製造方法
    WO-2011025982-A2March 03, 2011Tetraphase Pharmaceuticals, Inc.Composés tétracycline

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle